ジャンクション

東京タワーと立体交差を構図に収められる。芝浦ジャンクション

2020年12月5日

こんにちは。フォトブロガーのLitra(@LitraTokyo1)です。

今回は芝浦ジャンクションを紹介します。

お台場方面への入口

芝浦ジャンクションは東京都港区にある首都高速道路の1号羽田線と11号台場線を結ぶジャンクションです。

3方向に分岐しており、北は新橋方面、東は有明ジャンクションがある台場方面、南は大井ジャンクションがある品川方面を分岐する中継点として重要な役割を果たしています。
※有明ジャンクション、大井ジャンクションについては以下の記事で紹介しています。

曲線美が印象的なお台場の穴場撮影スポット。有明ジャンクション

続きを見る

立体カーブと夜に駆けるレーザーが美しい。大井ジャンクション

続きを見る

芝浦ジャンクションは撮影できる地点が限られており、基本的には湾岸通り沿いから撮影することになります。

通り沿いということで、通行者がそれなりにいるため、穴場ではありません。

また、橋の横幅は3〜4mしかないので、通行の妨げにならないように注意しましょう。ちなみに橋の上はそこそこ揺れます・・・。

なお、最寄りの日の出駅からは徒歩7分の距離にあり、アクセスは悪くありません。

車の場合は、徒歩1分のところにある駐車場に車を停めて歩いて向かうことになります。

東京タワーが収まる構図

芝浦ジャンクションの建造物や景観の美しさ、光条、光跡については全体的に平凡で、これと言った特徴はありません。

唯一のポイントとして挙げられるのが東京タワーを構図に収められることです。

撮影した写真はこちらです。

芝浦ジャンクションの夜景

カメラ:SONY α7RIII
レンズ:SIGMA 14mm F1.8 DG HSM
撮影モード:Standard
ホワイトバランス:電球
シャッタースピード:44秒
絞り値:F11
ISO感度:50
焦点距離:14mm
レンズフィルター:なし

こちらの写真はAdobe Stockにて販売中です。
写真:芝浦ジャンクションの夜景
販売中の写真一覧:ポートフォリオ

芝浦ジャンクションの夜景

カメラ:SONY α7RIII
レンズ:SIGMA 14mm F1.8 DG HSM
撮影モード:Standard
ホワイトバランス:電球
シャッタースピード:45秒
絞り値:F11
ISO感度:50
焦点距離:14mm
レンズフィルター:なし

こちらの写真はAdobe Stockにて販売中です。
写真:芝浦ジャンクションの夜景
販売中の写真一覧:ポートフォリオ

1枚目の写真が目線の高さから撮影した写真で、2枚目がローアングルから撮影した写真です。

東京タワーが見切れないように構図に収めるためにはややローアングル(ガードレールくらいの高さ)から撮影する必要があります。

なお、今回は東京タワーを収めるために日の出橋の東側から撮影していますが、西側も同じ造りになっているので、そこからも撮影できるかもしれません。

総合評価

芝浦ジャンクションの総合評価は以下の通りです。

項目 評価 コメント
美しさ ★★★ 東京タワーが収められるのは加点に値します。
ただ、それでも建造物や景観の美しさは少し物足りなく、平均的です。
光条 ★★ 光条は物足りないため、低評価です。
レーザー(光跡) ★★★ 直線のみのレーザー(光跡)の美しさは平均的です。
構図のバリエーション ★★ 構図のバリエーションはあまりなく、低評価です。
穴場感 ★★ 通行者がそれなりにいるため、穴場感は低評価です。
アクセスの良さ ★★★★ 駅から徒歩7分というアクセスの良さについては評価です。
おすすめレンズ 広角レンズ
総合点 16点/30点 撮影スポットとしてあまりおすすめできないジャンクションです。

時間をかけて撮りにいくほどの価値はないので、他のスポットから優先的に撮影することをおすすめします。

撮影地点について

最後に撮影地点を紹介します。

芝浦ジャンクションは湾岸通りの歩道または橋の上から撮影することになります。

アクセス

公共機関でアクセスする場合

・ゆりかもめ「日の出」駅から徒歩7分
 ※西口1が最も近い出入口です。

車・バイクでアクセスする場合

お手持ちのナビをお使いください。

駐車場・駐輪場(バイク)情報

駐車場

タイムズ海岸3丁目第3から徒歩1分(収容台数14台)

駐輪場(バイク)

付近に駐輪場がないため、歩道に駐車することになります。
※管理についてはあくまでも自己責任でお願いします

周辺設備情報

コンビニ

撮影地点のすぐ近くにコンビニがあります。

ローソン芝浦埠頭店

トイレ

駅のトイレを利用することができます。

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

もしこの記事を読んでジャンクション撮影にほんの少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

以下のページでジャンクション撮影スポットの記事一覧が見れます。

興味がありましたらご覧ください。

ジャンクション撮影スポットの記事一覧

また、今後もこのブログをお読みいただけると、これ以上嬉しいことはありません。

あなたの写真ライフがより楽しく、より充実しますように。

それではまた!

  • この記事を書いた人

Litra

関東を中心に風景写真を撮影するフォトブロガーとして活動しています。ブログでは撮影スポットやストックフォトの紹介記事などを書いています。Twitterで撮影した写真を投稿しているのでフォローいただけると嬉しいです。

-ジャンクション
-, , ,

© 2021 渡り鳥のように