夕陽・マジックアワー

関東屈指の美しさ。荒崎公園の岩礁から見る夕陽と富士山

2020年9月18日

こんにちは。フォトブロガーのLitra(@LitraTokyo1)です。

今回は神奈川県横須賀市にある荒崎公園を紹介したいと思います。

三浦半島西側に位置する自然豊かな公園

荒崎公園は三浦半島屈指の景観が美しい公園です。

園内は断崖絶壁に囲まれた“潮風の丘”、樹木で囲まれ落ち着いた空間の“ピクニックの丘”、見晴らしのよい芝生の広場で展望台から美しい夕陽が見える“夕日の丘”など異なる特徴を持つエリアに分かれており、様々な自然を楽しめる公園となっています。

また、周辺には”さがみや”という旅館があり、宿泊することが可能です。

すぐ近くの長井漁港で揚がった鯛やひらめ、かに、えび、ふぐなど季節の海の幸を楽しめる懐石料理が自慢のようです。

その他、キャンプやBBQなども楽しめる、長井海の手公園・ソレイユの丘があります。動物と触れ合えるエリアがあったり、農業体験などができるエリアがあったりと、ファミリーでも楽しめる施設となっています。

天気が良かったので夕陽を撮影したいと考え、荒崎公園で夕陽を撮影することにしました。

美しすぎる夕陽と岩礁

ゆっくり公園内を周りたかったのですが見込みを誤り、荒崎公園に到着した時は既に日が落ちかけていました・・・。

慌てて準備して撮影ポイントへ。

夕日の丘からの撮影も美しいと思うのですが、岩礁により近い位置で撮影したいと考え、ハマユウの広場の方へと向かいました。

今回は運良く早めに撮影ポイントを見つけられたので、すぐさま撮影を開始しました。

この日は風が非常に強い日でしたが、そのおかげで長秒でなくとも静かな水面、穏やかな水面を撮影することができました。

そして撮影した写真がこちらです。

荒崎公園の夕陽


カメラ:SONY α7RIII
レンズ:SIGMA 14mm F1.8 DG HSM
撮影モード:Standard
ホワイトバランス:太陽光
シャッタースピード:2.5秒
絞り値:F16
ISO感度:50
焦点距離:14mm
レンズフィルター:KANI Premium Reverse GND 0.9

補足

荒崎公園の特徴である岩礁と沈む夕陽をドラマチックに撮影することができました。

写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、夕陽のすぐ横に富士山のシルエットが見えます。

撮影地点について

最後に撮影地点を紹介しておきます。

荒崎公園は神奈川県横須賀市長井6-5320-3にあります。

今回撮影したのは夕日の丘のちょうど真下にある崖です。

夕日の丘に登る坂とハマユウ広場へ降りる分岐点があるのですが、まずはそこからハマユウ広場に向かいます。

そのまま夕日の丘沿いに岩礁を進むと、少し上り坂になっているポイントがあり、5m程進んだところで三脚を構えて撮影しました。

一番奥が行き止まりになっているため、こちらであれば通行の妨げにはなりません。

但し、道幅は約1mと狭く、柵がないので、落ちたら大惨事です・・・。

あくまでも撮影場所の紹介記事であり、こちらの地点からの撮影を推奨するものではありませんので、同じポイントからの撮影は自己責任でお願いします。

アクセス

公共交通機関でアクセスする場合

・京浜急行「三崎口」駅から出ている京急バス荒崎行にて「荒崎」下車、徒歩約5分

車・バイクでアクセスする場合

お手持ちのナビをお使いください。
荒崎公園へのアクセス

駐車場・駐輪場(バイク)情報

駐車場

荒崎公園駐車場から徒歩8分(収容台数91台)

 ※7月20日〜8月31日および土日・祝日は有料(大型2,000円、普通1,000円)です
  上記を除く平日は無料です
 ※時期によって営業時間が異なります
  11月〜1月(8:00~17:30)
  2月〜4月、10月(8:00~18:30)
  5月〜9月(8:00~19:30)

駐輪場(バイク)

荒崎公園駐車場から徒歩8分収容台数情報なし)

 ※駐車場が利用可能です
 ※バイクは無料です

周辺設備情報

コンビニ

付近にコンビニはありません。

※自販機は荒崎公園駐車場内にあります

トイレ

荒崎公園駐車場内にあるトイレを利用することができます。

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

荒崎公園は海に沈む美しい夕陽と富士山が見える三浦半島屈指の撮影スポットです。

もしこの記事を読んで「荒崎公園で夕陽を撮ってみたい」「夕陽を見にいきたい」なんて思っていただけたら幸いです。

以下のページで夕陽撮影スポットの記事一覧が見れます。

興味がありましたらご覧ください。

夕陽・マジックアワー撮影スポットの記事一覧

また、今後もこのブログをお読みいただけると、これ以上嬉しいことはありません。

あなたの写真ライフがより楽しく、より充実しますように。

それではまた!

  • この記事を書いた人

Litra

関東を中心に風景写真を撮影するフォトブロガーとして活動しています。ブログでは撮影スポットやストックフォトの紹介記事などを書いています。Twitterで撮影した写真を投稿しているのでフォローいただけると嬉しいです。

-夕陽・マジックアワー
-, , ,

© 2021 渡り鳥のように