ジャンクション

限られた条件下での撮影難易度が高い。昭和島ジャンクション

2021年1月23日

こんにちは。フォトブロガーのLitra(@LitraTokyo1)です。

今回は昭和島ジャンクションを紹介します。

陸の孤島のジャンクション

昭和島ジャンクションは東京都大田区にある首都高速1号羽田線と湾岸分岐線を結ぶジャンクションです。

北東に進むと、東海ジャンクションがある東海・城南島方面、北西に進むと平和島方面、南に進むと大師ジャンクションがある川崎方面の3方面を分岐する中継点としての役割を果たしています。
※東海ジャンクションについては以下の記事で紹介しています。

奥まで真っ直ぐ伸びるレーザービームが美しい。東海ジャンクション

続きを見る

昭和島は埋め立ての人口島で、居住地域がない工業専用地域に該当します。

島内にあるのは東京モノレールの車両基地や物流拠点、下水道の施設などで、コンビニすらありません。

東京モノレールの昭和島駅はありますが、実際に歩いてみると陸の孤島という印象を受けました。

昭和島駅西口
昭和島駅西口
東京モノレール 昭和島総合センター
東京モノレール 昭和島総合センター
昭和島のバス停
昭和島のバス停

駅の西にある大森の居住エリアまでは最低でも徒歩7分はかかります。

そのためかはわかりませんが、駅前は自転車の駐輪スペースが充実しており、レンタルサイクルもありました。

充実の駐輪スペース
充実の駐輪スペース
コミュニティサイクル その1
コミュニティサイクル その1
コミュニティサイクル その2
コミュニティサイクル その2

駐輪スペースの充実度に比例して、一定間隔で掛けられている盗難の注意喚起プレートの数の多さが印象的でした。

やけに多い自転車盗難の注意喚起プレート
やけに多い自転車盗難の注意喚起プレート

意外だったのが、人や自転車の交通の多さです。

駅前とは言え、これだけの工業地域に撮影した休日に結構な人・自転車の通行がありました。

過去最高の穴場感を期待していたのですが、有明ジャンクション程の穴場感はありませんでした。
※有明ジャンクションの記事は以下をご覧ください。

曲線美が印象的なお台場の穴場撮影スポット。有明ジャンクション

続きを見る

ちなみに昭和島ジャンクションの撮影地点は最寄りの昭和島駅からは徒歩2分という好立地を誇ります。

車の場合は付近にある昭和島二丁目公園の駐車場が最も近く、徒歩7分の距離にあります。

そのため、アクセスはかなり良いと言えます。

駅から近くて穴場感はある

昭和島ジャンクションの魅力を強いてあげるとすれば駅から近くて穴場感があるという点でしょうか。

但し、建造物としての魅力ではないので・・・過去最高クラスに魅力を伝えるのが難しいジャンクションです。

光条の数は平均を下回る低評価です。

ジャンクションまではフェンス・木で隔てられており、一番美しい分岐点が撮影できません。

また、駅前は1本道で、構図のバリエーションがありません

なんとか昭和島ジャンクションを撮影しようと苦慮した末の写真がこちらです。

昭和島ジャンクションの夜景

カメラ:SONY α7RIII
レンズ:SIGMA 14mm F1.8 DG HSM
撮影モード:Standard
ホワイトバランス:電球
シャッタースピード:61秒
絞り値:F11
ISO感度:50
焦点距離:14mm
レンズフィルター:なし

こちらの写真はAdobe Stockにて販売中です。
写真:昭和島ジャンクションの夜景
販売中の写真一覧:ポートフォリオ

補足

目の前が車道なのでレーザーが撮影できそうなものですが、車の交通量が少ないため、線の細いレーザーしか撮影できません。

強い照明が写り込み、ゴーストが発生するため、直射を回避しようと撮影地点を移動しましたが、構図としてあまり美しいものになりませんでした。

頑張ってゴーストをレタッチで消す努力はしたのですが、これが限界でした・・・。

総合評価

昭和島ジャンクションの総合評価は以下の通りです。

項目 評価 コメント
美しさ 建造物としての美しさが撮影できないため、最低評価です。
光条 ★★ やや少ない光条は低評価です。
レーザー(光跡) レーザー(光跡)の美しさは最低評価です。
構図のバリエーション 構図のバリエーションは全くないため最低評価です。
穴場感 ★★★★ 通行者はそれ程多くなく、穴場感は評価です。
アクセスの良さ ★★★★★ 最寄り駅から徒歩2分というアクセスの良さは最高評価です。
おすすめレンズ 広角レンズ
総合点 14点/30点 撮影スポットとしてあまりおすすめできないジャンクションです

時間をかけて撮りにいくほどの価値はないので、他のスポットから優先的に撮影することをおすすめします。

撮影地点について

最後に撮影地点を紹介します。

昭和島ジャンクションは地形的に分岐点を撮影できる地点がありません。

また、一本道になっているため、撮影できる場所は駅前の道路のみと限られています。

撮影ポイントの道幅は2mと人がギリギリすれ違えるくらいのスペースしかありません。

そのため、道路のさらに内側にある木が植えられているスペースから撮影しましょう。

アクセス

公共機関でアクセスする場合

・東京モノレール「昭和島」駅から徒歩2
 ※西口が最も近い出入口です

車・バイクでアクセスする場合

お手持ちのナビをお使いください。

駐車場・駐輪場(バイク)情報

駐車場

昭和島二丁目公園駐車場から徒歩7分(収容台数の公式情報なし)
 ※営業時間は公園と同じです。
  2月〜11月:午前6時30分から午後10時まで
  12月〜1月:午前7時30分から午後9時まで

駐輪場(バイク)

昭和島二丁目公園駐車場から徒歩7分(収容台数の公式情報なし)
 駐車場ですが、バイクも停められます。
 ※営業時間は公園と同じです。
  2月〜11月:午前6時30分から午後10時まで
  12月〜1月:午前7時30分から午後9時まで

周辺設備情報

コンビニ

少し離れたところにコンビニがあります。

ローソン サウンドクルー店

トイレ

駅および昭和島二丁目公園のトイレを利用することができます。

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

もしこの記事を読んでジャンクション撮影にほんの少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

以下のページでジャンクション撮影スポットの記事一覧が見れます。

興味がありましたらご覧ください。

ジャンクション撮影スポットの記事一覧

また、今後もこのブログをお読みいただけると、これ以上嬉しいことはありません。

あなたの写真ライフがより楽しく、より充実しますように。

それではまた!

  • この記事を書いた人

Litra

関東を中心に風景写真を撮影するフォトブロガーとして活動しています。ブログでは撮影スポットやストックフォトの紹介記事などを書いています。Twitterで撮影した写真を投稿しているのでフォローいただけると嬉しいです。

-ジャンクション
-, , ,

© 2021 渡り鳥のように